JOURNEY FACTORY|東京のリメイク・リペア専門店|ジーンズ修理|デニム職人

東京で工房を構えるリメイク・リペア専門店JOURNEY FACTORY。これまで携わったジーンズのリペア・リメイクは10.000本以上。デニムで有名な児島でリメイク工房経験を積んだ職人が担当致します。

洋服の関連情報

洋服(ようふく)とは、西洋服の略で、西洋風の衣服のこと。英語の western clothes におおむね該当する。ヨーロッパの服飾に起源を持つが、列強各国の各地進出に伴なって、アメリカ大陸やオセアニア等の植民地をはじめ、世界各地で広く用いられ、19世紀末以降の近代化とともに、中国や日本等でも使用されるようになった。この過程で、日本語や中国語、朝鮮語において、伝統的な衣服(日本の場合和服・着物)に対する概念として、これらの西洋起源の衣服が「洋服」と呼ばれるようになった。それ以前には、オランダ(阿蘭陀)から来きた服という意味で蘭服(らんふく)、南蛮服(なんばんふく)、紅毛服(こうもうふく)と呼ばれていた。洋服は各地の伝統的な服飾の要素も取り入れながら発展し、民族服の形成・変化にも影響を与えた。現在では、背広やドレス、シャツとズボンやスカートの組み合わせ等の他、アメリカ合衆国を中心に発展した簡素なTシャツ、ジーンズ等が世界中で使用されている。今日の日本では、洋服が一般的になったため、単に「服」といえば洋服を、「着物(きもの)」といえば和服を指すことが多い。何百年も前から人々は自分を表す為に洋服又被服を纏ってきた。 縫製技術から見ると、和服が直線に裁った生地を縫い合わせるのが基本であるのに対し、洋服は身体の形状に合わせて曲線的に裁った生地を縫い合わせるのが基本である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

昔に比べても、特定の洋服のリペアや修復を行ってくれる業者が多くなってきました。ジャーニーファクトリーもその一つで、今まで10000本以上のジーンズに携わってきた、百戦錬磨のヴィンテージデニム修理業者です。もう既に捨ててしまおうと感じているヴィンテージデニムがある場合も、諦めずに見せてみると良いでしょう。職人が、ジーンズのメッカとして知られている岡山県の児島で修行を積んだ人なので、安心して任せることができます。しかるべき知識、そして技術を誇っている人です。ファッション業界にも身を置いている人なので、スタイリッシュなリメイク提案もしてもらえるのが、嬉しいポイントだと言えるでしょう。デニム生地を使ったものだけではなく、場合によってはポップな雰囲気の提案もしてくれます。スタイリッシュに仕上げたいと感じている人には、ぴったりなお店です。リペアに関しては、いろいろなオーダーから選ぶことができます。標準のリペアもお願いできますが、ダメージそのものをほとんど見えない状態にできる修復リペアなどもお願いすることが可能です。こちらのニーズに合わせて動いてもらうと良いでしょう。当て布をあてがうことができますし、補強を単純に行うこともできます。どのようなリペアを望んでいるのかをまずは明確にし、その上で声をかけることが大切です。それから、サイズが全く合わなくなってしまったヴィンテージデニムに関しても、リメイクを行ってもらうことが可能なので、あきらめないようにしましょう。リメイクしてもらうことで、また改めて活用できるようになるはずです。ジャーニーファクトリーの定休日は、毎週木曜日となっています。また、配送料金に関しては全国一律540円となっているので、覚えておきましょう。メールや電話で問い合わせと依頼ができますが、電話の場合は9時から22時までとなっているので、この時間帯の間に電話をすることが大切です。直接スタッフに問い合わせをしたいときは、来店するのが1番ですが、その際は予約が必要となります。
Tagged on: , JOURNEY FACTORY|東京のリメイク・リペア専門店|ジーンズ修理|デニム職人